LURE

Athlete13MDS

毎年、秋になると阪神間ではマイワシが接岸しシーバス・青物の活性が上がり賑わいを見せている。

私(井熊亮)もマイワシパターンの時期には通い詰め、ジャクソンのルアーに限らず様々なルアーをテストしてきた。

そして、最後に辿り着いた結論が、
往年の名選手「アスリート14SS。」

シルエット、動き、飛距離は申し分無く、
安定して釣果を叩き出し、更にはランカーシーバス、鰤との出会いを幾度となく導いてくれた「アスリート14SS」の性能は計り知れない。

アスリートが、
完成された最強ミノーであることは誰もが知るところなのだが、
ことマイワシパターンという状況下においては、一つだけ難点があった。

それは、潜行深度。

潜行深度を確保する為には、
リトリーブスピードの調整とロッドワークを小刻みに行わなければならず、
技術が必要とされた。

玄人は、自分のウデで釣ったという満足感を得られるのだが、
それでは、「最強」ミノーと呼ばれるアスリートを「最強」たらしめるには不足がある。

そこで、誰もが巻くだけで同じレンジに到達し、
レンジキープを容易に出来るルアーを作らなければならないという想いで、
敢えてアスリートというレジェンドに手を加える決意をした。

開発段階で重視したことは、以下の3項目。

①潜行深度を確保するために、リップ形状は水流を掴む為にスプーン型へ。

②大型ベイト接岸時に、その群れの中で捕食対象として一際目立たせる必要がある。ボディ寸法は、丸みを付け体積を増やし波動を強めた。

③また、移動ウェイト個数をタングステン4個(6mm〜7mm)からタングステン2個(8mm)へ変更することにより、ベイトをリアルに演出するタイトなウォブロールアクションとした。

カラー選定も全て過去のアスリートを一新し
ゼロベースで再考を行った。当然、名選手「アスリート」の改良は私1人の手に負えるわけもなく、
マイワシパターンや大型ベイトパターンに精通される方々にも協力を仰いだ。皆様テストを心よく引き受けてくださったのだが、
そこには、アングラーとして「アスリート」に対するリスペクトと、
このルアーを再構築する難解な楽しさがあった。こうして苦難の末、「Newアスリート13MDS」が完成したのである。・・・アスリートの名に恥じない釣果を保証します。

 

Size Weight Type Range Hook Quantity Price
130mm 29g Sinking ST-46#4 1 ¥1,950

**Not Include Tax

 


SKR セグロカタクチ 

SRI アカチライワシ 

SRH ホロレッドヘッド 

CGG ゴールデンギーコ 

LCI ライムチャートイワシ 

MPG ピンクゴールド 

RLC レモンキャンディ 

MMG メッサメッキグロー 

TKZ 釣ケイムラゼブラ